› COCO  ~ aroma therapy ~ › craft › baby虫よけスプレー☆4





2013年06月28日

baby虫よけスプレー☆4

今回で、最終まとめにしたいと思います。

前回☆3では、昆虫忌避剤のディートという化合物が体に悪影響を与える可能性があるので危険、というまとめでした。
その忌避剤の代わりとなるのが精油ですね。特に効果的な精油を☆2でまとめ、
☆1では、スプレー剤の基本的なつくり方をまとめていますよ。

ここで使う“無水エタノール”とはアルコール濃度が高い“エタノール”(無色透明で、特有の香りがあり、揮発しやすく燃えやすい液体)の一種。
濃度の違いで無水エタノール(酒税もかかる)とか消毒用エタノール(酒税はかからない)とか呼び方が変わります。
このアルコール、人体に影響は特にありません。乾いたものを赤ちゃんが舐めても大丈夫です。
ただ、すぐに口にすると“アルコール”なので“酔う”可能性、高濃度なので粘膜に刺激はありますよね^^;
スプレー剤として使用する際には、やはり顔周り(目鼻口)には注意して、直接吸い込むことの無いように・目にしみることが無いようにしたいものです。
予防接種でも直接肌に付けるものと思えば、スプレー剤の濃度程度は、可な範囲ではないでしょうか。

あとは、精油の使用について。
こちらも乳児には使用しない、というのが前提ではあります。自然のものとは言え、凝縮された一滴一滴。刺激が強いのは確かです。
babyスプレー剤として利用する場合、直接肌へ付けずに服に向けてスプレーする、心配なら低い濃度から試してみる、などやり方を工夫しながら使ってみてはいかがでしょうか。

医薬品であっても、万人に有効ではありませんし、拒否反応がでる場合も。
日本ではまだ“雑貨”扱いである精油。合う・合わない、も個人差があります。
より安全なもの・より自然なものを、身近に使う。その一つとして、いかがでしょうか。


同じカテゴリー(craft)の記事画像
クレイdeパック
ボディパウダーをつくりました
実験結果発表~!
虫よけスプレー&虫さされジェルを作りました
日焼け後のアフターケア
ハニーリップ&クレンジング
同じカテゴリー(craft)の記事
 アロマシャンプー (2013-08-16 12:17)
 クレイdeパック (2013-08-05 19:00)
 明日のワークショップ (2013-07-19 10:00)
 ボディパウダーをつくりました (2013-07-13 10:00)
 コーンスターチで。 (2013-07-12 10:00)
 実験結果発表~! (2013-07-04 10:30)

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
baby虫よけスプレー☆4
    コメント(0)