› COCO  ~ aroma therapy ~ › bath

スポンサーリンク


上記の広告は一定期間更新のないブログに表示されます。新しい記事を書く事で広告が消す事ができます。

  

Posted by みやchan運営事務局 at

2013年02月18日

ハーバルバスの方法☆2

部分浴(半身浴・足浴・手浴・座浴)は、全身浴に比べると心臓への負担が軽いため、発熱があって入浴できないときや、高血圧など循環器系の疾病がある場合でもできるのがよい点ですね♪


足浴すると体ぽっかぽか(●´∀`)

部分浴用の入浴剤は全身浴用と同じものを使うことができますが、量は少なめになるので注意しましょう。
半身浴なら全身浴用の3分の2くらいの量を。
足浴・手浴・座浴なら、全身浴用の半分の量が適量ですよ♪  

Posted by Calin at 18:00Comments(0)bath

2013年02月15日

ハーバルバスの方法☆1

全身浴(たっぷりのお湯に肩まで浸かる)は、体が温まり血管が拡張し血液の流れをよくします。
また、水中の浮力を受けることによって体の各部分が軽くなり、緊張した筋肉を解きほぐし肩こりなどを改善します。
お湯が熱すぎると心臓に負担がかかるうえに皮膚から水分が奪われます(´Д`。)
そこで、疲労回復を目的とする場合はお湯はやや低め(38~40℃)に設定してゆっくりと浸かりましょう♪



ハーブを直接浴槽に入れることもできますが、そのまま流すと配管が詰まるなどトラブルの原因となります。そこで、ハーブをガーゼに包んでから浴槽のお湯に浸すか、鍋で浸剤を作りハーブをざるでこしながら浴槽に入れます。
また、ハーブに自然塩を加えた入浴剤もおすすめです。自然塩には血行を良くしてコリをほぐし、疲労を回復させる働きがあります!また、肌を引き締めたり体の表面の熱の放散を防ぐので湯冷めしやすいという利点がありますよ♪

ハーバルバスの方法☆2 へ つづく  

Posted by Calin at 18:00Comments(0)bath

2013年02月07日

ハーバルバス

薬湯(ハーバルバス)のための、ハーブまたはハーブの浸剤や煎剤を『入浴剤』といいます。
入浴剤を使うことによる利点をまとめてみます。


からだがよく温まる
ハーブの有効成分が皮膚から浸透して温熱効果を高め、さらにミネラルが皮膚表面に薄い膜を作り、入浴後も体の熱を外に逃さない働きをする。
美肌効果
ハーブの有効成分が、皮膚の炎症を鎮める。抗菌作用がニキビや水虫、あせもなどを予防する。植物化学成分やビタミンなどが皮膚細胞の酸化を予防する。
アロマテラピー効果
ハーブの中の精油成分が揮発し、肺に吸い込まれた精油成分は毛細血管に速やかに吸収され、血液に乗って全身を巡る。微量だが皮膚からも精油成分が吸収される。相乗効果により自律神経に働きかけて、リラックス感を高める。

ハーバルバスの方法 へ つづく  

Posted by Calin at 18:00Comments(0)bath

2013年01月26日

お風呂の入り方☆4

✿目的別・症状別の入り方.2

✧痔~ぬるめのお湯でゆっくり入った後、熱いお湯で腰湯をする

✧冷え症~寝る前のぬるい湯の半身浴&温冷交代浴(42℃以上のお風呂に3分入ってお湯から出て、冷たいシャワーを手や足に10秒かける、を5回繰り返す)

✧ダイエット~食事前の熱めのお風呂~高温反復浴(はじめの1分くらいは腰まで浸かるだけ、そのあと肩まですっぽり体を沈めて全身浴を2~3分。体を洗うなど5分ほど休み、43℃くらいの高温湯で全身浴を2~3分。これを3回繰り返す)
高温反復浴は、ほぼ100キロカロリー消耗する。食前に行うと食欲が落ち、食べる量が減りダイエットにつながる。
体力を消耗するので、体調がよくないときは無理をしないこと!


『お風呂の入り方』シリーズ☆最終回でした!
当てはまる症状や試してみたいこと・・ありました^^?

今回までのはコチラ↓
お風呂の入り方☆1
お風呂の入り方☆2
お風呂の入り方☆3

ついでにコチラ↓
BathSaltのつくり方
  

Posted by Calin at 18:00Comments(0)bath

2013年01月25日

お風呂の入り方☆3

✿目的別・症状別の入り方.1

✧肩・首のこり、腰痛~ぬるめのお湯(38~40℃)で半身浴。水中での軽い運動。
(長時間になると湯疲れを招くので、鼻や頭やおでこが少し汗ばむ程度に)

✧低血圧~温冷交代浴
(42℃以上のお風呂に3分入ってお湯から出て、冷たいシャワーを手や足に10秒かける、を5回繰り返す)

✧高血圧~ぬるめのお湯で半身浴。長湯は禁物!

✧便秘~ぬるめのお湯の中・外でお腹をマッサージ。
直腸性の便秘(排便の間隔が開いて苦しいタイプ)・・・ややぬるめのお湯で半身浴。お湯の中でお腹を膨らませたりへこませたりを繰り返し、時計回りに数十回マッサージ。43℃のお湯に2~3分入ったあと温水冷水シャワーで交互にマッサージ。
ケイレン性の便秘(ウサギのようなコロコロの便タイプ)・・・36~40℃のお湯にしばらく浸かった後、時計回りにマッサージ。43℃くらいの高温湯に5分ほど入り高温のシャワーを2~3分、お腹をマッサージするようにかける。

✿目的別・症状別の入り方.2 へ つづく  

Posted by Calin at 18:00Comments(0)bath

2013年01月24日

風呂ネタよこみち

先日バスソルトのblogをupしたのを機に。。。

日常のひとつになっているお風呂。
そこに、ハーブやアロマをプラスしたりして。
効果的な入り方、方法をなんとなくでも知っていると何かの時にいいのでは!
知ってるけど?と思うようなことでもスポットを当ててみようかしら!
プライベートタイムを、より充実&楽しんで頂けたらいいな
なんて、思いつきまして。

ただいま ☆1 ☆2 までupしています。
ネタ順はアチコチすると思いますが、bathネタ続けていきますので、興味のある方はぜひお試しくださいね♪


さて。昨夜のワタクシゴト。
“長風呂するぞ♥”って意気込みでbathsalt(ラベンダー&ローズマリー。私のなかで最強タッグ!ん~♪いい香り)を作り。

時には本を持ち込んで読書したり。
時にはiPodで音楽を楽しんだり。
時にはスマホをイジイジと。。。
自分の時間を楽しむのが好きなんですが。

昨日はスマホが選ばれイジイジやってましたらね。
やっちゃいましたの。

ちゃぽんっ

;´Д`);´Д`);´Д`);´Д`)

oh!no!!!!!

nonono!!!!!!!!!

しかーし!水没2回目の私は慌てない・・・(ふり。
フタを開け、侵入水をふきとり、ドライヤーをあて。。


ちーん・death・デ・ス


携帯依存症ではないけど、やっぱりとっても不便なものですね。
まだ半年くらいだけど、壊れるんなら買い換えてやろうと強気だったんですが・・
朝になって戻ってきましたの・゜゜・(/□\*)・゜゜・
電源入ったの!フリックできるの!!嬉しかったの!!!
朝帰りでも許しちゃうのね。

皆さんも水没にはご注意くださいねっw

以上、よこみちでした♪


  

Posted by Calin at 17:33Comments(0)bath

2013年01月23日

お風呂の入り方☆2

✿入浴方法のいろいろ
・全身浴
たっぷりのお湯に肩まで浸かること。全身浴は体が温まり、血管が拡張し、血液の流れをよくする。

・半身浴
・足浴
・手浴
・座浴
部分浴には、入浴する部分への効果に加えて、血液循環が高まったり代謝が盛んになるといった全身への効果も同時に得られる。

・フェイシャルスチーム
毛穴を開き汚れをとってくれる。肌がきれいになるうえに、血行が良くなり体が温まる。またスチームを吸う事で、ハーブや精油の効果を得ることが期待できる。
How to☆洗面器にお湯+ハーブなら一握り、精油なら1~2滴を入れ、バスタオルで頭から覆い蒸気が逃げないようにして10~15分くらいスチームを顔に当てる。目を開けないように注意する!

・サウナ
温度が非常に高い部屋に裸で入ることによって、汗をかく風呂。蒸し風呂のこと。

・シャワー

✿目的別・症状別の入り方 へ つづく  

Posted by Calin at 20:22Comments(0)bath

2013年01月22日

お風呂の入り方☆1

✿健康的な入り方のポイント
~できるだけ毎日入る~
・温熱効果→体が温まり血液循環が活発になる。体がきれいになる。
・浮力効果→浮力によって関節や筋肉、体全体の緊張をほぐす。
・水圧効果→水の圧力によるマッサージ効果。血液やリンパ液の循環がよくなる。
・心理効果→リラックスさせる。心身を休める副交感神経を優位にする。

~かけ湯をする~

~ぬるめ温度のお湯にする~
副交感神経にスイッチがはいり、心身をリラックスさせる。
心臓に負担がかからないので、血圧や心拍数も急に上がらず、体を心から温めることができる。
熱い湯→42℃以上 ぬるい湯→38~40℃

~半身浴でゆっくり温まる~

~体は一度お湯につかってから洗う~
ただし!メイク顔はお湯につかる前に洗う。毛穴や汗腺に詰まったメイクをしっかり落とすことが大切。ふさがっていると温まっても毛穴や汗腺がうまくひらかない。

✿入浴方法のいろいろ へ つづく  

Posted by Calin at 18:00Comments(0)bath